古銭買取りの豆知識と豆板銀について

古銭買取りは古い時代の古銭を買取りすると言った特徴が在ります。
古い時代、古銭と言うと江戸時代に流通されていたような、小判、丁銀や小玉銀、銭貨と言った貨幣をイメージされる人も多いかと思われますが、古銭と言うのは古い時代に発行されているだけではなく、現在流通されていない硬貨や紙幣なども含まれているのが特徴です。
例えば、現在の5円玉には中央に穴が開いていますが、昭和23年に発行されていた5円玉には穴が在りませんし、100円硬貨は昭和32年から33年にかけて発行されていたもの、昭和34年から現行の100円玉が発行された昭和42年までの3種類が在り、現行の100円玉は流通されていますが、それ以前の2種類は流通が行われていないため、古銭と言う扱いとなり、古銭買取りのお店に持ち込む事で額面より高い金額で売る事が出来るケースも在ります。
買取りのお店では額面での価値ではなく、貨幣のコレクションにおける価値で査定を行うため、額面の何十倍もの価値となるケースも在ります。
所で、江戸時代に流通されていた銀貨の一種の事を豆板銀と言いますが、豆板銀は小粒銀や小玉銀などと呼ばれているもので、小粒の銀の塊と言った特徴を持ちます。豆板銀は江戸時代に利用されていた銀貨の一種で、現在のような丸い円形をしているのではなく、小粒の銀の塊をしているのが特徴です。
銀の含有量により幾つかの種類に分ける事が出来ると言われており、1620年頃に製造が行われていた銀の含有率は80%、1706年頃に製造が行われていたものは50%、1859年頃に製造が行われていたものは13%と言った具合に、年代が新しくなる事で銀の含有率が少なくなるのが特徴です。
また、丁銀の補助貨幣、秤量貨幣としての役割が在り、丁銀は小額の支払いの時などの場合は、適当な大きさに切って使用されていたと言われており、秤量貨幣は貨幣の品位や重量を鑑定する事で貨幣としての価値、利用が出来ると言った特徴が在ります。
そのため、現代の貨幣とは一風変わった使われ方、価値そのものが異なるのが特徴です。
尚、古銭買取りの中では江戸時代の貨幣も登場するケースが在ると言います。
代々受け継がれているコレクションとして貨幣は、その家の宝として受け継がれている事も在り、このような貨幣が出回る事も在ると言う事です。
また、古銭買取りは貨幣に関する知識を豊富に持つ鑑定士により査定が行われ、買取りが行われるなどの特徴が在り、古銭の買取りについて詳しくはココからチェック!がお勧めです。