古銭買取りの特徴と丁銀について

江戸時代には三貨制度と呼ばれている貨幣制度が在りました。
これは小判や一分判などの金、丁銀や小玉銀などの銀、寛永通寳となる銭と言った通貨の基本となるものが作り出されたもので、従来の貨幣とは異なり現代の貨幣と同じ役割を持つと言われています。
尚、丁銀と言うのは商用取引用として流通した銀貨であり、室町時代の後期から明治維新の時代まで流通してたもので、丁銀の名前の由来は棒状になっている銀の塊と言う事から?銀が挺銀を経てたものと言う説が在ります。
また、1601年に製造されていた慶長丁銀から1859年に製造されていた安政丁銀までの11種類が国内で流通していたと言われており、銀の含有率は年代が新しくなる事で少なくなると言った特徴を持ちます。
古銭買取りではこうした歴史が古い時代の貨幣の買取りも行っていますが、一般的には明治や大正時代の硬貨や紙幣と言った物が対象になっており、稀に家の蔵の中を整理していたところ、先代がコレクションしているものが見つかり、古銭買取りのお店に持ち込んで買取りをして貰うと言うケースも在ると言います。
また、比較的新しい時代の古銭が大量に出て来て買取りを依頼するケースも在るのが特徴です。丁銀は江戸時代に豆板銀と同じく秤量貨幣として利用されていた銀貨です。
銀貨と言うと、重量が在る程度定められているのが特徴ですが、丁銀においての目方は150g前後で、それぞれの重量は一定ではないと言った特徴や、形状は長細い形をしており、利用する時などはそのまま使う事も在れば、少額での支払いの場合は長細い形状を適当な大きさに切って使用すると言った具合に、現代の貨幣とは全く異なる使われ方をしていたのが特徴です。
古銭買取りのお店では古い時代の貨幣についての知識を持つ鑑定士がいるため、持ち込まれた貨幣が偽造品であるのか、それとも本物であるのかの判別が出来ると言われています。
丁銀は、銀貨の一種であり鑑定士が見る事で何時の時代の物なのかを知ることが出来ると言います。
現代の貨幣には製造年が記されているわけですが、江戸時代の頃の貨幣にはこうした製造年などが在りませんし、丁銀には時代毎に11種類が存在していると言われており、それぞれの特徴などを知識として持つ事からも価値を見いだす能力が在ると言う事です。
尚、古銭買取りを行うお店の鑑定士は人間と言う事からも、査定評価においても差が生じる事になるため、評判を持つお店を利用するのがお勧めで、詳しくはココからチェック!するのが良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です